やさぐれっぷりが面白い!『くまの子ウーフ』【4歳読書】






『くまの子ウーフ』

著:神沢 利子/イラスト: 井上 洋介

有名な児童書みたいなので、真面目なお話なのかなと思っていたら、大違い!

登場人物は、ウーフ、ツネタくん、ミミちゃんの3人。ドラえもんに例えると、ウーフ=のび太くん、ツネタ=スネ夫、ミミちゃん=しずかちゃん!

この3人の掛け合いが楽しくて面白いんです!4歳児にも共感しやすいシチュエーションで、大笑いしたり、いやだねーこれーといいながら楽しんで聞いていました♪

ウーフは、マイペース。自己中わがままやりたい放題。でも、用心深いようで騙されやすい。

ツネタくんが、いたずらっ子。ウーフは、ツネタくんにあっさり騙されてばかりなので、読んでて歯痒くなります(笑 疑うってことをしないんだから!ウーフは良く言えば純粋、悪く言えば「単純」なのよね。

ミミちゃんは、やさしいけど、おませさんなツンデレタイプ。ウーフもミミちゃんのことが好きなのに、ツネタくんが邪魔に入って、勘違いされてかわいそうな目に合うウーフにヤキモキ。

章立てになっているのですが、一話一話と読み進めていくうちに、うちの子の話?ってくらい共通するところがあって、親の方が共感の連続でした(笑

児童書ですが、モノクロやカラーの挿絵がところどころあるくらいですが、4歳児でもそれだけでお話の世界観やストーリーが思い描けているようでした!まだ自分で読みはしませんが、目次を見て、このお話読んで!とせがんできます。

1日一話ずつ読み聞かせるつもりで借りたのですが、一気に半分読まされました。。。母はノドがつらい。。。

created by Rinker
¥1,430 (2021/03/02 13:13:14時点 楽天市場調べ-詳細)

シリーズものみたいで、あと2冊あるようなのでまたの機会に読みたいと思います!
・『ウーフとツネタとミミちゃんと』
・『こんにちはウーフ』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする